市谷龍生亭日乗--龍生派blog--
ryuseiha.exblog.jp



龍生派編集部ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
いけばなの龍生派が発行する月刊「いけ花龍生」編集部発信によるblogです。
>龍生派公式サイトへ
お知らせ
  • このblogに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます


  • Twitterもご覧ください
    twitter logo
カテゴリ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「いけ花龍生」1月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年1月号、発売中です!


a0154028_17105456.jpg
(表紙作品by大澤東翠)
-----------------------------------------
・特集:水引が彩る新春の華
水引と植物の関わりが見せる、華やかで新年にぴったりな作品を紹介します。
新春を彩る鮮やかな作品をお楽しみください。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+藤村正華)
・龍生派の古典華(姫水木の生花/ぼけの立華)
・「松または竹を主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:記憶の始まりの風景ー未来への糸口として
  ーー杉本博司 江之浦測候所
・レビュー:装飾のその先、あるいはそのかたわらで
  ーー「装飾は流転する『今』と向き合う7つの方法」展
・復興応援いけばな展 つなげよう花の心6
・百花百様-117:斎藤 清「会津の冬(59)柳津」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
# by ryusei-ha | 2018-01-05 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
年末年始の業務のお知らせ
いよいよ年末もおしせまってまいりました。
今年も残すところあと数日です。
龍生華道会は、年末12/29(金)~1/4(木)の間、お休みとなります。
2018/1/5(金)からは平常通りとなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今年も一年ありがとうございました。
それでは、よい新年をお迎えください!


[PR]
# by ryusei-ha | 2017-12-28 15:29 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」1月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年1月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(1月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
国営武丘陵森林公園 http://www.shinrinkoen.jp
-----------------------
P13-16 レビュー:記憶の始まりの風景ーー未来への糸口として
  --杉本博司 江之裏測候所

P21-23 レビュー:装飾のその先、あるいはそのかたわらで
  --「装飾は流転する 『今』と向き合う7つの法則」展
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・企画展 アートはサイエンスⅡ
軽井沢ニューアートミュージアム(軽井沢駅下車)
開催中~3月31日(土)
[火曜休館 火曜日が祝日の場合、翌日休館、
12月26日(火)~1月1日(月・祝)休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・[企画展]生誕150年記念
 横山大観 ─東京画壇の精鋭─
山種美術館(恵比寿駅下車)
1月3日(水)~2月25日(日)
[月曜休館 但し1月8日、2月12日は開館、1月9日(火)、2月13日(火)は休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・没後20年 玉之内満雄 展
~向日葵に固執した魅惑の世界~
サトエ記念21世紀美術館(花崎駅下車 徒歩20分[埼玉県])
開催中~3月11日(日)
[月曜休館 但し2月12日は開館、2月13日は休館、
12月25日(月)~1月8日(月)休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入場は閉館の30分前まで)

・お茶の時間
岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
(JR多治見駅からバス乗車、岐阜県現代陶芸美術館下車)
開催中~3月25日(日)
[月曜休館 月曜日が祝日の場合翌平日休館、12月29日(金)~1月3日(水)休館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・小野木学 絵本原画展
ぼくの中のコドモ
練馬区立美術館(中村橋駅下車)
開催中~2月11日(日)[月曜休館 但し1月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)休館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・植物を編む ─暮らしの中の編組─
秋田県立博物館(JR追分駅下車)
開催中~4月8日(日)
[月曜休館 休日と重なったときはその次の平日、
12月28日(木)~1月3日(水)休館]
開館時間 午前9時30分~午後4時
(※4月1日(日)からは午後4時30分まで)

・交わるいと 「あいだ」をひらく術として
広島市現代美術館(広島駅から路面電車乗車、「比治山下」下車)
12月22日(金)~3月4日(日)
[月曜休館 但し1月8日、2月12日は開館、1月9日(火)、2月13日(火)は休館、
12月27日(水)~1月1日(月・祝)休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

・収蔵企画展 キラメク工芸・カガヤク日本画
佐野市立吉澤記念美術館(葛生駅下車[栃木県])
1月6日(土)~5月13日(日)
[前期:~3月11日(日) 後期:3月17日(土)~]
[月曜休館 但し1月8日、2月12日、4月30日は開館、
1月9日(火)、2月13日(火)、3月22日(木)、5月1日(火)は休館、
3月12日(月)~16日(金)は展示替えの為休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
# by ryusei-ha | 2017-12-20 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)