市谷龍生亭日乗--龍生派blog--
ryuseiha.exblog.jp



龍生派編集部ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
いけばなの龍生派が発行する月刊「いけ花龍生」編集部発信によるblogです。
>龍生派公式サイトへ
お知らせ
  • このblogに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます


  • Twitterもご覧ください
    twitter logo
カテゴリ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10/19(木)-24(火)第57回広島いけばな代表作家展
a0154028_14214804.jpg
第57回目を数える、中国新聞社主催による「広島いけばな代表作家展」。各流がそれぞれの美を展覧します。
今回、龍生派は広島支部から6名の作家が参加。どうぞご高覧ください。

*龍生派からの出展は、全点後期(10/22(日)−24(火))となります。
------------------------------------------------
第57回広島いけばな代表作家展
------------------------------------------------
10月19日(木)—24日(火)
前期:19日(木)-21日(土)
後期:22日(日)-24日(火)
会場:10:00-19:30(入場は閉場の15分前まで)
(20日は20時まで、21・24日は17時まで)
福屋八丁堀本店 8F催場
広島市中区胡町6-26
Google地図>
https://goo.gl/maps/vB10I
入場料 600円(前売り券400円)(高校生以下無料
出品数:前後期合計153作

龍生派からの出展は全点後期となります。
(大作(2名合作) 小川丘峰+田中紫香
 中作(2名) 今崎華峰、中川秋麗
 小品(2名) 行宗桂朋、藤重紫儀


[PR]
# by ryusei-ha | 2017-10-18 14:20 | いけばな展 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」10月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年10月号、発売中です!
a0154028_11532500.jpg

(表紙作品by楳田典香)
-----------------------------------------
・特集:秋の音楽会ー音楽をいけばなにのせてー
音楽から発想した作品を紹介します。クラシックや童謡、
歌謡曲やシャンソンなど、様々な音楽を奏でる作品をご堪能あれ。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+八幡喜春)
・龍生派の古典華(石化柳の立華/山茶花の生花)
・「小品」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:木々を巡れば
  ーーヴァンジ彫刻庭園美術館 開館15周年記念展「生命の樹」
・レビュー:現代アートが映し出す社会と歴史
  ーーASEAN設立50周年記念 サンシャワー:東南アジアの現代美術展
・展覧会:第四十回 いけばな公募展
・百花百様-114:歌川広重『富士三十六景 甲斐大月の原』
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
# by ryusei-ha | 2017-10-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」10月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年10月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(10月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
ぴんころ地蔵尊 http://pinkoro.com/
秦野いとう農園 http://itofarm.life.coocan.jp/
-----------------------
P14 レビュー:木々を巡れば
  --ヴァンジ彫刻庭園美術館開館15周年記念展「生命の樹」

P25 レビュー:複雑な歴史と社会を映し出す鏡としての現代アート
  --ASEAN設立50周年記念 
   サンシャワー 東南アジアの現代美術展 1980年代から現代まで

P30 展覧会:流派を超えたいけばなの展覧会! 第40回いけばな公募展
  --いけばな公募展
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・北斎とジャポニスム
国立西洋美術館(上野駅下車)
10月21日(土)~2018年1月28日(日)
[月曜休館 但し1月8日は開館、12月28日(木)~1月1日(月・祝)、1月9日(火)は休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 *金、土曜日は午後8時まで。
但し11月18日(土)は午後5時30分まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・ゴッホ展
東京都美術館(上野駅下車)
10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
[月曜休室 但し1月8日は開室、12月31日(日)、1月1日(月・祝)は休室]
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 
*会期中の金曜日、11月1日(水)、2日(木)、4日(土)は午後8時まで
(いずれも入室は閉室の30分前まで)

・富山県美術館開館記念展 Part 1 
 生命と美の物語 LIFE─ 楽園をもとめて
富山県美術館(富山駅からバス乗車、「富山県美術館」下車)
開催中~11月5日(日)[前期:~10月3日(火)、後期:10月5日(木)~]
[水曜休館(祝日を除く)、祝日の翌日、9月24日、11月4日は臨時開館]
開館時間 午前9時30~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで
菊池寛実記念 智美術館(神谷町駅下車)
開催中~12月3日(日)
[月曜休館 但し10月9日は開館、10月10日(火)は休館]
開館時間 午前11時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
京都国立博物館(京都駅からバス乗車、博物館・三十三間堂前下車)
10月3日(火)~11月26日(日)
Ⅰ期 10月3日(火)~15日(日)
Ⅱ期 10月17日(火)~29日(日)
Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
Ⅳ期 11月14日(火)~26日(日)
[月曜休館 但し10月9日(月・祝)は開館、10日(火)は休館]
開館時間 午前9時30分~午後6時 
*金、土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代
Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷駅下車)
10月7日(土)~12月17日(日)
[10月17日(火)、11月14日(火)のみ休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金、土曜日は午後9時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・特別展 新・桃山展 大航海時代の日本美術
九州国立博物館(西鉄「太宰府」駅下車)
10月14日(土)~11月26日(日)[月曜休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時 
*金、土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・福岡道雄 つくらない彫刻家
国立国際美術館 地下3階展示室(渡辺橋駅下車)
10月28日(土)~12月24日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時 
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
# by ryusei-ha | 2017-09-20 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)