市谷龍生亭日乗--龍生派blog--
ryuseiha.exblog.jp



龍生派編集部ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
いけばなの龍生派が発行する月刊「いけ花龍生」編集部発信によるblogです。
>龍生派公式サイトへ
お知らせ
  • このblogに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます


  • Twitterもご覧ください
    twitter logo
カテゴリ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:月刊いけ花龍生( 189 )
「いけ花龍生」12月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年12月号、発売中です!
a0154028_18230517.jpg
-----------------------------------------
・特集:いけばな龍生展2017ーIKE-BUZZー
     +渋谷いけばなウィーク
9月27日から10月3日まで渋谷を舞台に一週間の会期で開催された龍生展。
今月号ではその模様と、展示された全作品を掲載しています。
あの龍生展の感動と興奮をもう一度!
-----------------------------------------
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
・百花百様-116:伊藤若沖「果蔬涅槃図」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2017-11-30 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」12月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年12月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(12月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P02-03 はなネット
武田川コスモスロード http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8429
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
上野アーティストプロジェクト
・現代の写実 ─映像を超えて
東京都美術館 ギャラリーA・C(上野駅下車)
開催中~2018年1月6日(土)[11月20日(月)、12月4日(月)、18日(月)、
25日(月)、31日(日)、1月1日(月・祝)は休室]
開室時間 午前9時30分~午後5時30分 *金曜日は午後8時まで
(いずれも入室は閉室の30分前まで)

・星野友幸展「人シリーズ」
LIXILギャラリー(京橋駅下車[東京])
開催中~12月21日(木)[水曜および11月26日(日)休館]
開館時間 午前10時~午後6時

・書の流儀Ⅱ ─美の継承と創意
出光美術館(有楽町駅下車)
開催中~12月17日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時 
*金曜日は午後7時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

21_21 DESIGN SIGHT 企画展
・野生展 飼いならされない感覚と思考
21_21 DESIGN SIGHT(六本木駅下車)
開催中~2018年2月4日(日)
[火曜休館 12月26日(火)~1月3日(水)は休館]
開館時間 午前10時~午後7時(入場は午後6時30分まで)

・狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─
山梨県立美術館(甲府駅からバス乗車、「山梨県立美術館」下車)
開催中~12月17日(日)[11月27日(月)、12月4日(月)、11日(月)休館]
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後54時30分まで)

・レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
森美術館(六本木駅下車)
11月18日(土)~2018年4月1日(日)[会期中無休]
開館時間 午前10時~午後10時 
*火曜日は午後5時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界
ヤマザキマザック美術館(新栄町駅下車[名古屋])
11月24日(金)~2018年2月25日(日)
[月曜休館 月曜が祝日の場合は翌平日休館、12月29日(金)~1月4日(木)休館]
開館時間 午前10時~午後5時30分 
*土日祝祭日は午後5時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

開館10周年 没後40年
・伊藤久三郎展 幻想と詩情
横須賀美術館(馬堀海岸駅からバス乗車、観音崎京急ホテル・横須賀美術館前下車)
11月18日(土)~12月24日(日)[12月4日(月)休館]
開館時間 午前10時~午後6時

-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2017-11-20 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」11月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年11月号、発売中です!
a0154028_14455699.jpg
(表紙作品by藤田彰風)
-----------------------------------------
・特集:うつりゆく貌を捉えて
植物の枯れていく姿にクローズアップした作品を紹介します。
色だけでなく質感やフォルムなど素材が変化した様子をお楽しみください。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+大富青邦)
・龍生派の古典華(石化柳の生花/うめもどきの立華)
・「実または秋草を主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:アートが繋ぐ、生命のミクロとマクロの世界
  ーー廣瀬智央展「森のコスモロジー」+PDPS
・レビュー:超絶技巧の新旧対決
  ーー驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ
・レビュー:「集積」の溢れる空間の中で
  ーー小松浩子「人格的自立処理」
・百花百様-115:ドーム「野菊文花器」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2017-11-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」11月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年11月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(11月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
東京ドイツ村 http://t-doitsumura.co.jp/
-----------------------
P26 レビュー:超絶技巧の新旧対決
  --特別展 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ

P30 レビュー:「集積」の溢れる空間の中で
  --小松浩子「人格的自律処理」
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・あこがれの明清絵画
 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~
静嘉堂文庫美術館(二子玉川駅からバス乗車、「静嘉堂文庫」下車)
10月28日(土)~12月17日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)

・第5回蔵と現代美術展 ─響き合う空間─
埼玉県川越市 蔵造りの街並み(西武新宿線本川越駅より徒歩約10分)
11月3日(金・祝)~23日(木・祝)
※展示時間、休館日、観覧料は会場によって異なります。
詳しくはウェブサイトをご覧ください。

・表現への情熱 カンディンスキー、ルオー と色の冒険者たち
パナソニック 汐留ミュージアム(新橋、汐留駅下車)
開催中~12月20日(水)[水曜休館 但し12月6日、13日、20日は開館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・木々の生命
もうひとつの美術館
(JR氏家駅からバス乗車、「高田」下車 徒歩25分[栃木県])
開催中~11月26日(日)[月曜休館 但し祝日開館し、翌日火曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・美しき庭園画の世界 ─江戸絵画にみる現実の理想郷
静岡県立美術館(JR草薙駅からバス乗車、県立美術館下車)
10月21日(土)~12月10日(日)
[前期:~11月12日(日)、後期:11月14日(火)~]
[月曜休館 祝日の場合は翌日火曜日休館]
開館時間 午前10時~午後5時30分(入室は午後5時まで)

・「怖い絵」展
上野の森美術館(上野駅下車)
開催中~12月17日(日)[会期中無休]
開館時間 午前10時~午後5時(入場は閉館の30分前まで)

・ナムジュン・パイク展
鹿児島県霧島アートの森 アートホール
(JR栗野駅からバス乗車、霧島アートの森下車)
10月6日(金)~12月3日(日)[月曜休園 祝日の場合は翌日休園]
開園時間 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

・装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法
東京都庭園美術館(目黒駅下車)
11月18日(土)~2018年2月25日(日)
[第2・第4水曜休館および12月27日(水)~1月4日(木)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*11月23日(木)~25日(土)は午後8時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2017-10-23 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」10月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年10月号、発売中です!
a0154028_11532500.jpg

(表紙作品by楳田典香)
-----------------------------------------
・特集:秋の音楽会ー音楽をいけばなにのせてー
音楽から発想した作品を紹介します。クラシックや童謡、
歌謡曲やシャンソンなど、様々な音楽を奏でる作品をご堪能あれ。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+八幡喜春)
・龍生派の古典華(石化柳の立華/山茶花の生花)
・「小品」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:木々を巡れば
  ーーヴァンジ彫刻庭園美術館 開館15周年記念展「生命の樹」
・レビュー:現代アートが映し出す社会と歴史
  ーーASEAN設立50周年記念 サンシャワー:東南アジアの現代美術展
・展覧会:第四十回 いけばな公募展
・百花百様-114:歌川広重『富士三十六景 甲斐大月の原』
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2017-10-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」10月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年10月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(10月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
ぴんころ地蔵尊 http://pinkoro.com/
秦野いとう農園 http://itofarm.life.coocan.jp/
-----------------------
P14 レビュー:木々を巡れば
  --ヴァンジ彫刻庭園美術館開館15周年記念展「生命の樹」

P25 レビュー:複雑な歴史と社会を映し出す鏡としての現代アート
  --ASEAN設立50周年記念 
   サンシャワー 東南アジアの現代美術展 1980年代から現代まで

P30 展覧会:流派を超えたいけばなの展覧会! 第40回いけばな公募展
  --いけばな公募展
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・北斎とジャポニスム
国立西洋美術館(上野駅下車)
10月21日(土)~2018年1月28日(日)
[月曜休館 但し1月8日は開館、12月28日(木)~1月1日(月・祝)、1月9日(火)は休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 *金、土曜日は午後8時まで。
但し11月18日(土)は午後5時30分まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・ゴッホ展
東京都美術館(上野駅下車)
10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
[月曜休室 但し1月8日は開室、12月31日(日)、1月1日(月・祝)は休室]
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 
*会期中の金曜日、11月1日(水)、2日(木)、4日(土)は午後8時まで
(いずれも入室は閉室の30分前まで)

・富山県美術館開館記念展 Part 1 
 生命と美の物語 LIFE─ 楽園をもとめて
富山県美術館(富山駅からバス乗車、「富山県美術館」下車)
開催中~11月5日(日)[前期:~10月3日(火)、後期:10月5日(木)~]
[水曜休館(祝日を除く)、祝日の翌日、9月24日、11月4日は臨時開館]
開館時間 午前9時30~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで
菊池寛実記念 智美術館(神谷町駅下車)
開催中~12月3日(日)
[月曜休館 但し10月9日は開館、10月10日(火)は休館]
開館時間 午前11時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
京都国立博物館(京都駅からバス乗車、博物館・三十三間堂前下車)
10月3日(火)~11月26日(日)
Ⅰ期 10月3日(火)~15日(日)
Ⅱ期 10月17日(火)~29日(日)
Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
Ⅳ期 11月14日(火)~26日(日)
[月曜休館 但し10月9日(月・祝)は開館、10日(火)は休館]
開館時間 午前9時30分~午後6時 
*金、土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代
Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷駅下車)
10月7日(土)~12月17日(日)
[10月17日(火)、11月14日(火)のみ休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金、土曜日は午後9時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・特別展 新・桃山展 大航海時代の日本美術
九州国立博物館(西鉄「太宰府」駅下車)
10月14日(土)~11月26日(日)[月曜休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時 
*金、土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・福岡道雄 つくらない彫刻家
国立国際美術館 地下3階展示室(渡辺橋駅下車)
10月28日(土)~12月24日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時 
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2017-09-20 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」9月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年9月号、発売中です!
a0154028_13183299.jpg
(表紙作品by庄野寿琳)
-----------------------------------------
・特集:再発見! 長瓶の魅力
「花をいける器」と言われて、まず思い浮かべる人が多い長瓶を使い、
部屋のインテリアにもぴったりな長瓶作品の魅力を紹介しています。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+関口新葉)
・龍生派の古典華(にしきぎの立華/石化柳の生花)
・「すすき類を取材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:アンセルム・キーファー 「七つの天のパレス」
・展覧会:テーマパークに輝き放つ作品群
  --龍生派いけばな野外展 おざってたんせ in 横手
・お知らせ:いけばな龍生展、9月下旬開幕!
・百花百様-113:木島桜谷『薄』
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2017-09-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」9月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年9月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(9月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P18 レビュー:星を結ぶ線を探しに
  --ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
-----------------------
P16-17 いけばな龍生展2017 開催間近! 近隣の展覧会情報
・企画展 葛飾北斎 富嶽三十六景 〜奇想のカラクリ
太田記念美術館(原宿駅表参道口より徒歩5分)
9月30日(土)〜10月29日(日)
[月曜休館 但し10月9日は開館、10月10日(火)は休館]
開館時間 午前10時30分〜午後5時30分(入館は午後5時まで)

・企画展 上村松園 —美人画の精華—
山種美術館(恵比寿駅2番出口より徒歩10分)
8月27日(火)〜10月22日(日) *会期中、一部展示替えあり
【前期:〜9月24日(日) 後期:9月26日(火)〜】
[月曜休館 但し9月18日、10月9日は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は
休館]
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

・サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで
国立新美術館 企画展示室2E(乃木坂駅6出口[美術館直結])
7月5日(水)〜10月23日(日)[火曜休館]
開館時間 午前10時〜午後6時 *金、土曜日は午後9時まで 
*「六本木アートナイト2017」開催に伴い、9月30日(土)、10月1日(日)両日
ともに22時まで(いずれも入場は閉館の30分前まで)
----------
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
(六本木駅1C出口[コンコースにて直結])
7月5日(水)〜10月23日(日)[会期中無休]
開館時間 午前10時〜午後10時 *火曜日は午後5時まで 
*「六本木アートナイト2017」開催に伴い、9月30日(土)は翌朝6時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信
サントリー美術館(六本木駅出口8より直結)
9月16日(土)〜11月5日(日)*会期中、展示替えあり
[火曜休館 但し10月31日(火)は開館]
開館時間 午前10時〜午後6時 
*金、土曜日、および9月17日(日)、10月8日(日)、11月2日(木)は午後8時まで。9月30日(土)は「六本木アートナイト2017」のため22時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・18世紀の古伊万里 —逸品再発見Ⅱ—展
戸栗美術館(渋谷駅ハチ公口より徒歩15分)
9月15日(金)〜12月20日(水)[月曜休館]
開館時間 午前10時〜午後5時 
*金曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)
*龍生展の会期中、「SHIBU-IKEスポット」として戸栗美術館の玄関ロビーに龍生派による作品が展示されます。

・岡本太郎の東北
岡本太郎記念館(表参道駅より徒歩8分)
7月1日(土)〜10月9日(月)[火曜休館 臨時休館:9月4日(月)〜8日(金)]
開館時間 午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)

・ほとけを支える ─蓮華・霊獣・天部・邪鬼─
根津美術館(表参道駅A5出口より徒歩8分)
9月14日(木)〜10月22日(日)
[月曜休館 但し9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館し、9月19日(火)、10月10日(火)は休館]
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

・国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展—挑戦—
国立新美術館 企画展示室1E+野外展示場(乃木坂駅6出口[美術館直結])
9月27日(水)〜12月18日(月)[火曜休館 但し5月3日]
開館時間 午前10時〜午後6時 *金、土曜日は午後8時まで
(いずれも入場は閉館の30分前まで)

・「そこまでやるか」壮大なプロジェクト展
21_21 DESIGN SIGHT(六本木駅、乃木坂駅より徒歩5分)
開催中〜10月1日(日)まで[火曜休館]
開館時間 午前10時〜午後7時 
*9月30日(木)は「六本木アートナイト2017」開催に合わせ、午前0時まで
(いずれも入場は閉館の30分前まで)
-----------------------
P20-22 EXHIBITION
・特別企画展 石灰と美術
佐野市立吉澤記念美術館(葛生駅下車[栃木県])
開催中~10月15日(日)
[月曜休館 但し9月18日、10月9日は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は
休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信
千葉市美術館(JR千葉駅下車)
9月6日(水)~10月23日(月)[10月2日(月)休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金、土曜日は午後8時まで(入場受付は閉館の30分前まで)

・「ガラス造形─光と視覚の魔術」展
黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム企画展示室
(JR三島駅より伊豆箱根鉄道駿豆線乗車、修善寺駅よりバス乗車、
「黄金崎クリスタルパーク」下車)
開催中~10月4日(水)[会期中無休]

アペルト7 川越ゆりえ 弱虫標本
金沢21世紀美術館(金沢駅からバス乗車、「広坂・21世紀美術館」下車)
開催中~9月24日(日)[月曜休場 但し9月18日は開場、9月19日は閉場]
開場時間 午前10時~午後6時 *金、土曜日は午後8時まで

・美術の中のかたち─手で見る造形 青木千絵展 漆黒の身体
兵庫県立美術館(阪神岩屋駅下車)
開催中~10月15日(日)
[月曜休館 但し9月18日、10月9日は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は
休館]
開館時間 午前10時~午後6時 特別展開催中の金、土曜日は午後8時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

特別展 深海2017 ~最深研究でせまる“生命”と“地球”~
国立科学博物館(上野駅下車)
開催中~10月1日(日)[9月4日(月)、11日(月)、19日(火)休館]
開館時間 午前9時~午後5時 *金、土曜日は午後8時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

日本の家 1945年以降の建築と暮らし
東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー(竹橋駅下車)
開催中~10月29日(日)
[月曜休館 但し9月18日、10月9日は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は
休館]
開館時間 午前10時~午後5時 *金、土曜日は午後9時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
府中市美術館(府中駅よりバス約7分)
9月9日(土)~10月22日(日)
[月曜休館 但し9月18日、10月9日は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は
休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

-----------------------
P36 いけばな龍生展9月下旬開幕!
いけばな龍生展2017IKE-BUZZ (いけばず)
2017年9月27日(水)―10月3日(火)
前期:9月27日(水)―30日(土)
後期:10月1日(日)―3日(火)
東急百貨店 渋谷・本店(3Fイベントサロン・屋上)
開場時間 10時~19時
(9月29日は19時30分閉場、9月30日・10月3日は17時閉場)
文化村ギャラリー
開場時間 10時~19時30分(9月30日・10月3日は17時閉場
*「東急百貨店 渋谷・本店」「文化村ギャラリー」とも入場は閉場の30分前まで
インスタグラム http://www.instagram.com/ryuseiha/
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2017-08-22 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」8月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年8月号、発売中です!
a0154028_15553346.jpg

(表紙作品by東山香月)
-----------------------------------------
・特集:涼をいける
ガラスやアクリルなどの透明な素材や氷を使った、見るだけで涼しくなれる
作品をご紹介しています。暑い夏はいけばなで涼しくなりませんか?
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+滝沢雅風)
・龍生派の古典華(すすきの立華/夏はぜの生花)
・「漂白または枯れものを主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:寺内曜子の彫刻の仕事
  --「スタンディング・ポイントⅠ寺内曜子」展
  --「寺内曜子の赤と青」展
・マグダレーナ・アバカノヴィッチ追悼:
  --「時代と国境を越えてー魂の深部へ」(文=加藤玖仁子)
・レビュー:「見えるまま」への挑戦
  --ジャコメッティ展
・「新いけばな主義」展
・百花百様-112:東 東洋『蓮池図』
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
イッシャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2017-08-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」8月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年8月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(8月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
服部農園あじさい屋敷 http://ajisaiyashiki.la.coocan.jp
ハウステンボス https://www.huistenbosch.co.jp/
花菜ガーデン http://kana-garden.com/
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・AMBIENT
 深澤直人がデザインする生活の周囲展
パナソニック 汐留ミュージアム(新橋、汐留駅下車)
開催中~10月1日(日)[水曜休館 8月14日(月)~16日(水)休館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・くらしの植物苑特別企画 季節の伝統植物 
 伝統の朝顔
国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
(佐倉駅からバス乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
[千葉])
7月25日(火)~9月10日(日)
[月曜休苑 祝日の場合は翌日休苑、但し8月14日(月)は開苑]
開苑時間 午前9時30分~午後4時30分
 *8月14日(月)~20日(日)は午前8時30分開苑(入苑は午後4時まで)

・絵本作家tupera tupera × 写真家 阿部高之
 イルヨイルイル モノモノノケ 展
三菱地所アルティアム(天神駅下車[福岡])
開催中~8月27日(日)[会期中無休]
開館時間 午前10時~午後8時

・ボストン美術館の至宝展
 ─東西の名品、珠玉のコレクション
東京都美術館(上野駅下車)
7月20日(木)~10月9日(月・祝)
[月曜休室 但し8月14日、9月18日、10月9日は開室、9月19日(火)休室]
開室時間 午前9時30分~午後5時30分 
*金曜日は午後8時まで、7月21日、28日、8月4日、11日、18日、25日は午後9時
まで(いずれも入室は閉室の30分前まで)

・ヨコハマトリエンナーレ2017
島と星座とガラパゴス
横浜美術館(みなとみらい駅下車)、横浜赤レンガ倉庫1号館(馬車道駅下車)
横浜市開講記念会館地下(日本大通り駅下車)ほか
8月4日(金)~11月5日(日)[第2・4木曜日は休場]
開館時間 午前10時~午後6時 
*10月27日(金)、28日(土)、29日(日)、11月2日(木)、3日(金・祝)
4日(土)は午後8時30分まで(いずれも入場は閉場の30分前まで)

・第10回ヒロシマ賞受賞記念
 モナ・ハトゥム展
広島市現代美術館(広島駅から路面電車乗車、「比治山下」下車)
7月29日(土)~10月15日(日)
[月曜休館 但し祝休日に当たる場合は開館し、翌日休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

・カミナリとアート
 光/電気/神さま
群馬県立館林美術館(東武伊勢崎線多々良駅から徒歩20分)
開催中~9月3日(日)[月曜休館 但し8月14日は開館]
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・「クリエイションの未来展」第12回 隈研吾監修
「高知県梼原町(ルビ:ゆすはらちょう)の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルト × 建築家 隈研吾」
LIXILギャラリー(京橋駅下車[東京])
開催中~9月26日(火)
[水曜休館 8月11日(金・祝)~16日(水)、27日(日)]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
P25 レビュー:「見えるまま」への挑戦
  --ジャコメッティ展
ジャコメッティ展公式サイト
国立新美術館
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/


[PR]
by ryusei-ha | 2017-07-19 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)