市谷龍生亭日乗--龍生派blog--
ryuseiha.exblog.jp



龍生派編集部ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
いけばなの龍生派が発行する月刊「いけ花龍生」編集部発信によるblogです。
>龍生派公式サイトへ
お知らせ
  • このblogに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます


  • Twitterもご覧ください
    twitter logo
カテゴリ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「いけ花龍生」11月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2017年11月号、発売中です!
a0154028_14455699.jpg
(表紙作品by藤田彰風)
-----------------------------------------
・特集:うつりゆく貌を捉えて
植物の枯れていく姿にクローズアップした作品を紹介します。
色だけでなく質感やフォルムなど素材が変化した様子をお楽しみください。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+大富青邦)
・龍生派の古典華(石化柳の生花/うめもどきの立華)
・「実または秋草を主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:アートが繋ぐ、生命のミクロとマクロの世界
  ーー廣瀬智央展「森のコスモロジー」+PDPS
・レビュー:超絶技巧の新旧対決
  ーー驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ
・レビュー:「集積」の溢れる空間の中で
  ーー小松浩子「人格的自立処理」
・百花百様-115:ドーム「野菊文花器」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
# by ryusei-ha | 2017-11-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
10/31(火)-11/5(日) 「いけばな×百段階段2017」龍生派出展
a0154028_16032155.jpg
ホテル雅叙園東京による特別企画展「いけばなx百段階段」。
日本いけばな芸術協会に所属する華道各流派が
ホテル雅叙園東京の木造日本建築、通称「百段階段」
(昭和10年築/東京都指定有形文化財)の
重厚な装飾に満ちた空間でいけばなを展覧いたします。

今年ももちろん龍生派も参加します。
全展示会期は9月26日から11月26日までで、
龍生派の出展期間は10月31日から11月5日まで。
その期間、全7部屋のうち、明治〜昭和前期に活躍した
日本画家・荒木十畝(じっぽ)による花鳥図が天井の
桐板に多数描かれた「十畝(じっぽ)の間」と、
エントランスホールを龍生派が彩ります!
ぜひご高覧ください。

*10月30日(月)には、吉村華洲家元が
エントランスホールの作品の公開制作を行います
(詳細はホテル雅叙園東京のウェブサイトをご覧ください)
-----------------------
東京都指定有形文化財「百段階段」特別企画
「いけばな×百段階段2017」
-----------------------
龍生派出展会期:2017年10月31日(火)−11月5日(日)
(全体会期:9月26日(火)〜11月26日(日))

開場時間:10:00ー17:00(最終入館16:30まで)
入場料:当日1,500円(前売り1,200円/館内前売り1,000円)
学生800円(要学生証)
通期入場フリーパス2,300円
*小学生以下無料

会場:ホテル雅叙園東京
153-0064
東京都目黒区下目黒1-8-1
tel:03-3491-4111(代)
展覧会お問い合わせ:tel:03-5434-3140(営業部/10〜18時)

アクセス:
目黒駅(JR・メトロ南北線・三田線・東急目黒線)西口より徒歩5分
Google 地図>
http://goo.gl/maps/zcmDt
目黒雅叙園「いけばな×百段階段」イベントサイト>
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/ikebana/

主催:ホテル雅叙園東京
企画協力:公益財団法人日本いけばな芸術協会

[PR]
# by ryusei-ha | 2017-10-26 16:02 | いけばな展 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」11月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2017年11月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(11月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
東京ドイツ村 http://t-doitsumura.co.jp/
-----------------------
P26 レビュー:超絶技巧の新旧対決
  --特別展 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ

P30 レビュー:「集積」の溢れる空間の中で
  --小松浩子「人格的自律処理」
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・あこがれの明清絵画
 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~
静嘉堂文庫美術館(二子玉川駅からバス乗車、「静嘉堂文庫」下車)
10月28日(土)~12月17日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)

・第5回蔵と現代美術展 ─響き合う空間─
埼玉県川越市 蔵造りの街並み(西武新宿線本川越駅より徒歩約10分)
11月3日(金・祝)~23日(木・祝)
※展示時間、休館日、観覧料は会場によって異なります。
詳しくはウェブサイトをご覧ください。

・表現への情熱 カンディンスキー、ルオー と色の冒険者たち
パナソニック 汐留ミュージアム(新橋、汐留駅下車)
開催中~12月20日(水)[水曜休館 但し12月6日、13日、20日は開館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

・木々の生命
もうひとつの美術館
(JR氏家駅からバス乗車、「高田」下車 徒歩25分[栃木県])
開催中~11月26日(日)[月曜休館 但し祝日開館し、翌日火曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・美しき庭園画の世界 ─江戸絵画にみる現実の理想郷
静岡県立美術館(JR草薙駅からバス乗車、県立美術館下車)
10月21日(土)~12月10日(日)
[前期:~11月12日(日)、後期:11月14日(火)~]
[月曜休館 祝日の場合は翌日火曜日休館]
開館時間 午前10時~午後5時30分(入室は午後5時まで)

・「怖い絵」展
上野の森美術館(上野駅下車)
開催中~12月17日(日)[会期中無休]
開館時間 午前10時~午後5時(入場は閉館の30分前まで)

・ナムジュン・パイク展
鹿児島県霧島アートの森 アートホール
(JR栗野駅からバス乗車、霧島アートの森下車)
10月6日(金)~12月3日(日)[月曜休園 祝日の場合は翌日休園]
開園時間 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

・装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法
東京都庭園美術館(目黒駅下車)
11月18日(土)~2018年2月25日(日)
[第2・第4水曜休館および12月27日(水)~1月4日(木)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*11月23日(木)~25日(土)は午後8時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
# by ryusei-ha | 2017-10-23 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)