市谷龍生亭日乗--龍生派blog--
ryuseiha.exblog.jp



龍生派編集部ブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
いけばなの龍生派が発行する月刊「いけ花龍生」編集部発信によるblogです。
>龍生派公式サイトへ
お知らせ
  • このblogに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます


  • Twitterもご覧ください
    twitter logo
カテゴリ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:月刊いけ花龍生( 211 )
「いけ花龍生」11月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2018年11月号、発売中です!
a0154028_18534648.jpg
(表紙作品by石田清翠)
-----------------------------------------
・特集:葉いろいろ
大きさや色、形などさまざまな葉の魅力に
フォーカスを当てた作品を紹介します。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+井上佳香)
・龍生派の古典華(赤芽柳を真に用いた生花/石化柳を真に用いた立華)
・「蔓又は実を主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:「水」と「土」に形作られた土地の記憶を呼び起こすアート
  --水と土の芸術祭2018 メガ・ブリッジ—つなぐ新潟、日本に世界に—
・レビュー:たおやかな界面
  --「アルヴァ・アアルト——もうひとつの自然」
・レビュー:フォルム×素材からはじまる
  --「西本良太 ACTUAL SIZE」
・レビュー:再構築、そして未来へ
  --「NORITAKA TATEHANA RETHINK—舘鼻則孝と香りの日本文化—」
・2019年龍生派いけばなカレンダー 華洲の花 販売開始
・百花百様-127:仁阿弥道八『色絵桜紅葉文大鉢』
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
イッシャ)リュウセイカドウカイ)
となります。


[PR]
by ryusei-ha | 2018-11-06 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」11月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年11月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(11月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
普門山 弘安寺 中田観音 http://www.aizu-reichi.gr.jp/nakada/
しだれ栗森林公園 https://shidarekuri.com
-----------------------
P13-16 レビュー:「水」と「土」に形作られた土地の記憶を呼び起こすアート
  --水と土の芸術祭2018 メガ・ブリッジ—つなぐ新潟、日本を世界に—

P21-23 レビュー:たおやかな界面
  --「アルヴァ・アアルト——もうひとつの自然」

P26-27 レビュー:フォルム×素材から始まる
  --西本良太 ACTUAL SIZE

P28-30 レビュー:再構築、そして未来へ
  --NORITAKA TATEHANA RETHINK —舘鼻則孝と香りの日本文化—
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム
熊本市現代美術館(熊本駅から市電またはバス乗車、通町筋下車)
開催中~11月25日(日)[火曜休館]
開館時間 午前10時~午後8時(入館は午後7時30分まで)

・フルーツ&ベジタブルズ ─東アジア 蔬果図の系譜─
泉屋博古館(JR京都駅よりバス乗車、宮ノ前町下車[京都])
11月3日(土・祝)~12月9日(日)[月曜休館 祝日の場合は開館、翌日休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・鴻池朋子 ハンターギャザラー
秋田県立近代美術館(JR横手駅からバス乗車、「ふるさと村」下車)
開催中~11月25日(日)[会期中無休]
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※10月28日(日)はイベントの為、第4展示室のみ14時30分~15時の間
鑑賞できません。

・河口龍夫 ─ちのこうや─
黒部市美術館(あいの風とやま鉄道黒部駅からタクシーで7分)
開催中~12月16日(日)[月曜休館 10月25日、26日、11月9日、10日休館]
開館時間 午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

・百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来
MIHO MUSEUM(JR石山駅よりMIHO MUSEUM行きバス乗車[滋賀県])
開催中~12月2日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

・東山魁夷展
国立新美術館(乃木坂駅下車)
10月24日(水)~12月3日(月)[火曜休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入場は閉館の30分前まで)

・ムンク展 ─共鳴する魂の叫び
東京都美術館(上野駅下車)
10月27日(土)~2019年1月20日(日)
[月曜休室 但し11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室、
12月25日(火)、12月31日(月)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)は休室]
開室時間 午前9時30分~午後5時30分 
*金曜日、11月1日(木)、3日(土)は午後8時まで
(いずれも入室は閉室の30分前まで)

・扇の国、日本
サントリー美術館(六本木駅下車)
11月28日(水)~2019年1月20日(日)
[火曜休館 但し1月15日は午後6時まで開館、
12月30日(日)~1月1日(火・祝)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日および12月23日(日・祝)、1月13日(日)は午後8時まで。
但し12月29日(土)は午後6時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2018-10-23 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」10月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2018年10月号、発売中です!
a0154028_13323718.jpg
(表紙作品by髙澤桂香)
-----------------------------------------
・特集:かごで彩る秋
人々の暮らしの近くにあるかごへ植物を合わせて秋らしく彩りました。
かごの風合いや季節感を生かした暮らしの空間に馴染む作品をお楽しみください。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+石原光風)
・龍生派の古典華(にしきぎの生花/野いばらを真に用いた立華)
・「水盤・鉢類にいける(剣山を使用しないで)」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:里山と自然とともに歩むアートの旅は続く
  --大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018
・レビュー:静かな光のこぼれる中で
  --「内藤 礼 ー明るい地上には あなたの姿が見える」
・レビュー:物語る果実
  --「柗井圭太郎展 偽果|accessory fruit」
・レビュー:布と空間の親密な関係
  --「スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ」
・開催間近 いけばな龍生展2018「IKE-COM」
・百花百様-126:ポール・ゴーギャン「家畜番の少女」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
イッシャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2018-10-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」10月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年10月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(10月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
みちのく潮風トレイル http://tohoku.env.go.jp/mct/
-----------------------
P13-16 レビュー:里山の自然とともに歩むアートの旅は続く
  --大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018

P21 レビュー:静かな光のこぼれる中で
  --「内藤 礼—明るい地上には あなたの姿が見える」展

P26-27 レビュー:物語る果実
  --「柗井圭太郎展 偽果|accessory fruit」

P28-29 レビュー:布と空間の親密な関係
  --「スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ」
-----------------------
P18−20 EXHIBITION
・日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念
カール・ラーション
スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(新宿駅下車)
9月22日(土)~12月24日(月・休)
[月曜休館 但し9月24日、10月1日、8日、12月24日は開館]
開館時間 午前10時~午後6時
(但し10月3日(水)、26日(金)、12月18日(火)~23日(日)は午後7時まで)
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展
マルセル・デュシャンと日本美術
東京国立博物館 平成館特別展示室第1室・第2室(上野駅下車)
10月2日(火)~12月9日(日)
[月曜休館 但し10月8日は開館、10月9日(火)は休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時 
*金・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は午後9時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

没後50年記念
加藤土師萌展
色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン
岐阜県現代陶芸美術館(JR多治見駅からバス乗車、岐阜県現代陶芸美術館)
開催中~11月4日(日)
[月曜休館 但し9月24日、10月8日は開館、10月9日(火)は休館]
※加藤土師萌命日の9月25日(火)は特別開館
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

明治維新150年記念企画
幕末狩野派展
静岡県立美術館(JR草薙駅からバス乗車、県立美術館下車)
開催中~10月28日(日)
[前期:~10月8日(月・祝)、後期:10月10日(水)~]
[月曜休館 但し9月24日、10月8日は開館、翌日休館]
開館時間 午前10時~午後5時30分(入室は午後5時まで)

・仙厓礼讃
出光美術館(有楽町駅下車)
開催中~10月28日(日)[月曜休館 但し9月24日、10月8日は開館]
開館時間 午前10時~午後5時 
*金曜日は午後7時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・京都・醍醐寺─真言密教の宇宙─
サントリー美術館(六本木駅下車)
開催中~11月11日(日)[火曜休館 但し11月6日は午後6時まで開館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日、および9月23日(日・祝)、10月7日(日)は午後8時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

開館15周年 特別展
ジョルジュ・ルオー
聖なる芸術とモデルニテ
パナソニック 汐留ミュージアム(新橋、汐留駅下車)
9月29日(土)~12月9日(日)[水曜休館 但し11月21日、28日、12月5日は開館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*10月26日(金)、11月16日(金)は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・フェルメール展
上野の森美術館(上野駅下車)
10月5日(金)~2019年2月3日(日)[12月13日(木)休館]
※休館が追加の場合あり
開館時間 午前9時30分~午後8時30分(入場は閉館の30分前まで)
-----------------------
P22-23 いけばな龍生展2018「IKE-COM」
周辺展覧会情報
[企画展]日本美術院創立120年記念
日本画の挑戦者たち
─大観・春草・古径・御舟─
山種美術館(恵比寿駅下車)
開催中~11月11日(日)
[月曜休館 但し9月24日、10月8日は開館、9月25日(火)、10月9日(火)は休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)

・鍋島と古九谷─意匠の系譜─展
戸栗美術館(渋谷駅下車)
10月5日(金)~12月22日(土)[月曜休館 但し10月8日は開館、10月9日(火)は休館]
開館時間 午前10時~午後5時 
*金曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

林原美術館所蔵
大名家の能装束と能面
渋谷区立松濤美術館(渋谷駅下車)
10月6日(土)~11月25日(日)
[前期:~10月28日(日)、後期:10月30日(火)~]
[月曜休館 但し10月8日は開館、10月9日(火)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 *金曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

特別展
新・桃山の茶陶
根津美術館(表参道駅下車)
10月20日(土)~12月16日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)

・瞬間瞬間に生きる
─岡本太郎とジャズ─
岡本太郎記念館(表参道駅下車)
10月17日(水)~2019年2月24日(日)[火曜休館 祝日の場合は開館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)

・いけばな龍生展2018「IKE-COM」
東急百貨店 渋谷・本店
 ・3階イベントサロン
 ・8階 美術ギャラリー
 ・8階 レストラン〈タントタント〉サブダイニング
2018年10月26日(金)-10月31日(水)
1期:10月26日(金)―27日(土)
2期:10月28日(日)―29日(月)
3期:10月30日(火)ー31日(水)
開場時間 10時~19時(入場は閉場の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2018-09-21 18:06 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」9月号発売中
月刊「いけ花龍生」2018年9月号、発売中です!
a0154028_14163811.jpg
(表紙作品by飯野樹静)
-----------------------------------------
・特集:秋草あわせ
秋の七草をテーマに、洋花も含めた
秋らしさを感じる植物を交えた作品をご紹介します。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+横田静龍)
・龍生派の古典華(とらのおの生花/うめもどきを真に用いた立華)
・「ガラスまたはガラス器を使用して」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:大地へ!
  --「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」展
・レビュー:「私は私を形でしゃべる」
  --「没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」
・レビュー:想いと素材―その出会いから生まれる形
  --「フェデリコ・ウリベ 再構築、出現」
・[予告]いけばな龍生展2018「IKE‐COM」
・百花百様-125:雪村周継「葛花、竹に蟹図」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
イッシャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2018-09-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」9月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年9月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(9月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
白水阿弥陀堂 http://shiramizu-amidado.org
プリンス・ウィリアムズ・パーク http://www.city.motomiya.lg.jp/site/prince/
-----------------------
P14-16 レビュー:大地へ!
  --「イサム・ノグチ—彫刻から身体・庭へ—」展

P25-27 レビュー:私は私を形でしゃべる」
  --没後50年 河井寬次郎 —過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今—

P28-29 レビュー:想いと素材(マテリアル)
  --フェデリコ・ウリベ 再構築、出現
-----------------------
P22-23 [予告]いけばな龍生展2018 「IKE-COM」 
-----------------------
P18−20 EXHIBITION
・起点としての80年代
金沢21世紀美術館(金沢駅からバス乗車、「広坂・21世紀美術館」下車)
開催中~10月21日(日)
[月曜休場 但し9月17日、24日、10月8日は開場、
9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休場]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日は午後8時まで(いずれもチケット販売は閉場の30分前まで)

・横山華山
東京ステーションギャラリー(東京駅下車)
9月22日(土)~11月11日(日)
[月曜休館 但し9月24日、10月8日、11月5日は開館、
9月25日(火)、10月9日(火)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)


・マジック・ランタン ー光と影の映像史ー
東京都写真美術館(恵比寿駅下車)
開催中~10月14日(日)
[月曜休館 但し9月24日、10月1日、8日は開館、
9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*木・金曜日は午後8時まで。
但し8月23日(木)、24日(金)、30日(木)、31日(金)は、サマーナイトミュージアム期間中のため午後9時まで開館(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・みちのおくの芸術祭
 山形ビエンナーレ2018
文翔館(旧県庁舎および旧県会議事堂)、とんがりビル、郁文堂書店、BOTA theater、gura、長門屋ひなた蔵・塗蔵、東北芸術工科大学キャンパス(山形駅からバス乗車)
9月1日(土)~24日(月・休)[期間中の金・土・日・祝日のみ開催]
開館時間 各会場によって異なります

・神奈川県立近代美術館 葉山 開館15周年記念
 アルヴァ・アアルト─もうひとつの自然
神奈川県立近代美術館 葉山
(逗子駅からバス乗車、「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」下車)
9月15日(土)~11月25日(日)
[月曜休館 但し9月17日、24日、10月8日は開館]
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・1968年 激動の時代の芸術
千葉市美術館(JR千葉駅下車)
9月19日(水)~11月11日(日)[10月1日(月)、11月5日(月)休館]
開館時間 午前10時~午後6時
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・オルセー美術館特別企画
 ピエール・ボナール展
国立新美術館 企画展示室1E(乃木坂駅下車)
9月26日(水)~12月17日(月)[火曜休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日は午後8時まで。但し9月28日(金)、29日(土)は午後9時まで(いずれも入場は閉館の30分前まで)

・没後50年
 藤田嗣治展
東京都美術館(上野駅下車)
開催中~10月8日(月・祝)
[月曜休室 但し9月17日、24日、10月1日、8日は開室、
9月18日(火)、25日(火)は休館]
開室時間 午前9時30分~午後5時30分
*金曜日は午後8時まで。8月24日、31日は午後9時まで
(いずれも入室は閉室の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2018-08-24 14:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」8月号発売中!

a0154028_16244831.jpg
(表紙作品by辻 美水)
-----------------------------------------
・特集:うねる
植物の持つ「うねる」姿にフォーカスを当てた作品。
植物のフォルムだけでなく構成からもうねる魅力を引き出した
躍動する植物の姿をお楽しみください。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+鈴木一水)
・龍生派の古典華(かきつばたの生花/鶏頭を真に用いた立華)
・「五種類以上の取り合わせ」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:ひそやかに待っている
  --「須田悦弘 ミテクレマチス」展
・レビュー:天地へのまなざし
  --「ウェザーリポート」
・レビュー:空間へのドローイング
  --「前田哲明展」
・レビュー:陶磁器に描かれた植物
  --「古伊万里植物図鑑展」
・百花百様-124:小林清親「両国花火之図」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2018-08-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」8月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年8月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(8月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08−09 はなネット
ハウステンボス https://www.huistenbosch.co.jp
-----------------------
P13-15 レビュー:ひそやかに、待っている
 --「須田悦弘 ミテクレマチス」展

P20−23 レビュー:天地へのまなざし
 --「ウェザーリポート——風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア」
P26−27 レビュー:空間へのドローイング
 --前田哲明展
-----------------------
P17−19 EXHIBITION
・プラド美術館展 ─ベラスケスと絵画の栄光─
兵庫県立美術館(阪神岩屋駅下車)
開催中~10月14日(日)
[月曜休館 但し祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館]
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入場は閉館の30分前まで)

・大地の芸術祭
 越後妻有アートトリエンナーレ2018
越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町)(十日町駅下車)
7月29日(日)~9月17日(月・祝)
※営業時間および休館日は会場によって異なります

・『こんぴらさんの“おもしろ”』展
金刀比羅宮宝物館(JR琴平駅下車[香川県])
開催中~9月30日(日)[会期中無休]
開館時間 午前8時30分~午後5時

・山口蓬春といきもの ─自然を愛でるこころ─
山口蓬春記念館
(逗子駅よりバス乗車、「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」下車 徒歩2分)
開催中~9月24日(月・祝)
[前期:~7月22日(日)、後期:8月7日(火)~]
[月曜休館 但し9月17日、24日は開館、7月23日(月)~8月6日(月)、
9月18日(火)休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・金魚絵師 深掘隆介展 平成しんちう屋
平塚市美術館(JR平塚駅下車 徒歩20分)
開催中~9月2日(日)[月曜休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時 
*8月4日(土)~19日(日)は午後6時まで
(いずれも入場は閉館の30分前まで)

・水を描く ─広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお─
山種美術館(恵比寿駅下車)
開催中~9月6日(木)[月曜休館]
[前期:~8月5日(日)、後期:8月7日(火)~]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・いわさきちひろ、絵描きです。
東京ステーションギャラリー(東京駅下車)
開催中~9月9日(日)
[月曜休館 但し8月13日、9月3日は開館、7月17日(火)休館]
開館時間 午前10時~午後6時 *金曜日は午後8時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・琉球 美の宝庫
サントリー美術館(乃木坂駅下車)
7月18日(水)~9月2日(日)
[火曜休館 但し8月14日は午後6時まで開館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2018-07-20 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」7月号発売中!
a0154028_14015877.jpg
(表紙作品by内山幸風)
-----------------------------------------
・特集:ゴムで引き出す!——植物の貌
日常でよく目にするゴム素材。
そんなゴム素材と植物が関わったことで見えてくるいつもと少し違う
植物の表情をお楽しみください。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+塚越千翠)
・龍生派の古典華(にしきぎとななかまどの生花/あせぼを真に用いた立華)
・「新緑を主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:これからのデザインを問いかける
  --ミラノデザインウィーク2018
・レビュー:魅惑の植物モチーフ
  --「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中!愛しの植物たち」
・水もの——その魅力[後編]
・百花百様-123:狩野正信「周茂叔 愛蓮図」
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。
https://ryuseiha.stores.jp/#!/items/536074103e7a4a11d100011c

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280
e-mail:info@ryuseiha.net

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
シャ)リュウセイカドウカイ)
となります。

[PR]
by ryusei-ha | 2018-07-01 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」7月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年7月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(7月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08−09 はなネット
佐野市観光協会 http://sano-kankokk.jp
-----------------------
P24 読者のページ
「線の造形、線の空間――飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」

P26-29 レビュー:魅惑の植物モチーフ
  --尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中!いとしの植物たち
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・縄文 1万年の美の鼓動
東京国立博物館(上野駅下車)
7月3日(火)~9月2日(日)
[月曜休館 但し7月16日、8月13日は開館、7月17日(火)休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時 
*金・土曜日は午後9時まで、日曜日および7月16日は午後6時まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・モネ それからの100年
横浜美術館(みなとみらい駅下車)
7月14日(土)~9月24日(月・休)
[木曜休館 但し8月16日は開館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*9月14日(金)、15日(土)は午後8時30分まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ
十和田市現代美術館(八戸駅からバス乗車、「官庁街通りバス停」下車)
開催中~10月14日(日)
[月曜休館 祝日の場合はその翌日休館、8月6日、13日は開館]
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

人麿影供900年
・歌仙と古筆
出光美術館(有楽町駅下車)
開催中~7月22日(日)[月曜休館 但し7月16日は開館]
開館時間 午前10時~午後5時
*金曜日は午後7時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

・ミケランジェロと理想の身体
国立西洋美術館(上野駅下車)
開催中~9月24日(月・休)
[月曜休館 但し7月16日、8月13日、9月17日、24日は開館]
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 
*金・土曜日は午後9時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)

没後50年
・河井寬次郎展
 ─過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今─
パナソニック 汐留ミュージアム(新橋、汐留駅下車)
7月7日(土)~9月16日(日)
[水曜休館 8月13日(月)~15日(水)休館]
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

広重没後160年記念
・大広重展
 ─肉筆浮世絵と錦絵の世界─
那珂川町馬頭広重美術館
(氏家駅よりバス乗車、「室町(旧馬頭役場前)」下車[栃木県])
7月14日(土)~9月24日(月・祝)
[前期:~8月19日(日)、後期:8月23日(木)~]
[月曜休館 但し8月13日は開館、祝日の翌日休館、8月20日~22日は展示替えの為休館]
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・平野薫─記憶と歴史
ポーラ美術館(小田原駅、箱根湯本駅より直通バス乗車[神奈川県])
7月22日(日)~9月24日(月)[年中無休 *展示替えのための臨時休館あり]
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

[PR]
by ryusei-ha | 2018-06-20 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)