市谷龍生亭日乗--龍生派blog--
ryuseiha.exblog.jp


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
いけばなの龍生派が発行する月刊「いけ花龍生」編集部発信によるblogです。
>龍生派公式サイトへ
お知らせ
  • このblogに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます


  • Twitterもご覧ください
    twitter logo
カテゴリ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
工藤強勝氏による『文字組デザイン講座』刊行!
a0154028_17265475.jpg

月刊『いけ花龍生』のエディトリアルデザインを長年手掛けていただいている、デザイン実験室。その代表であり、自らもさまざまな雑誌や書籍ほか、グラフィックデザインで活躍されている工藤強勝氏の新刊『文字組デザイン講座』が誠文堂新光社より刊行されました!
本誌内には、『いけ花龍生』のデザインを取り上げての文字組デザイン解説を行うページも。
龍生誌の誌面デザインの秘密をのぞいてみてはいかが?

以下URLにて書誌の一部を公開されています。

# by ryusei-ha | 2018-11-13 17:27 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」11月号発売中!
月刊「いけ花龍生」2018年11月号、発売中です!
a0154028_18534648.jpg
(表紙作品by石田清翠)
-----------------------------------------
・特集:葉いろいろ
大きさや色、形などさまざまな葉の魅力に
フォーカスを当てた作品を紹介します。
-----------------------------------------
・口伝容導集(家元 吉村華洲+井上佳香)
・龍生派の古典華(赤芽柳を真に用いた生花/石化柳を真に用いた立華)
・「蔓又は実を主材として」本部自由花一級研究会から
・はなネット-龍生派のはなライターによる全国の植物情報-
-----------------------------------------
・レビュー:「水」と「土」に形作られた土地の記憶を呼び起こすアート
  --水と土の芸術祭2018 メガ・ブリッジ—つなぐ新潟、日本に世界に—
・レビュー:たおやかな界面
  --「アルヴァ・アアルト——もうひとつの自然」
・レビュー:フォルム×素材からはじまる
  --「西本良太 ACTUAL SIZE」
・レビュー:再構築、そして未来へ
  --「NORITAKA TATEHANA RETHINK—舘鼻則孝と香りの日本文化—」
・2019年龍生派いけばなカレンダー 華洲の花 販売開始
・百花百様-127:仁阿弥道八『色絵桜紅葉文大鉢』
-----------------------------------------
(以上は内容の一部です)

700円(送料・税込)

ご注文は、龍生派の指導者または下記へどうぞ。
定期購読も受け付けております。
下記リンク先のStores.jpサイトでもお求めいただけます。

一般社団法人龍生華道会 いけ花龍生係
東京都新宿区市谷田町3-19 龍生会館
tel:03-3268-1241 fax:03-3268-1280

*龍生華道会へお申込みの際は、
 代金先払となりますのでご了承ください。
 1冊のご購入から承ります。
 (1冊=700円/12カ月=8,400円)
 また下記を併せて、メール、お電話、faxなどにてお知らせください。

 1)購読をご希望になる月号
  (継続購読をご希望の場合はその期間)
 2)お送り先住所・郵便番号
 3)お名前
  (お振込いただく名義と異なる場合は、
   お振込名義も併せてお知らせください)

お振込先:
郵便振替=00160-5-59525
銀行振込=みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 1020120

名義はいずれも
一般社団法人龍生華道会
イッシャ)リュウセイカドウカイ)
となります。


# by ryusei-ha | 2018-11-06 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)
「いけ花龍生」11月号掲載情報リンク集
「いけ花龍生」2018年11月号で取り上げる、
展覧会情報他のリンクURLを掲載します(11月1日付け発行)。
どうぞご活用ください!

展覧会などについての詳細情報は
各リンク先及び「いけ花龍生」誌をご覧ください。
P08-09 はなネット
普門山 弘安寺 中田観音 http://www.aizu-reichi.gr.jp/nakada/
しだれ栗森林公園 https://shidarekuri.com
-----------------------
P13-16 レビュー:「水」と「土」に形作られた土地の記憶を呼び起こすアート
  --水と土の芸術祭2018 メガ・ブリッジ—つなぐ新潟、日本を世界に—

P21-23 レビュー:たおやかな界面
  --「アルヴァ・アアルト——もうひとつの自然」

P26-27 レビュー:フォルム×素材から始まる
  --西本良太 ACTUAL SIZE

P28-30 レビュー:再構築、そして未来へ
  --NORITAKA TATEHANA RETHINK —舘鼻則孝と香りの日本文化—
-----------------------
P18-20 EXHIBITION
・魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム
熊本市現代美術館(熊本駅から市電またはバス乗車、通町筋下車)
開催中~11月25日(日)[火曜休館]
開館時間 午前10時~午後8時(入館は午後7時30分まで)

・フルーツ&ベジタブルズ ─東アジア 蔬果図の系譜─
泉屋博古館(JR京都駅よりバス乗車、宮ノ前町下車[京都])
11月3日(土・祝)~12月9日(日)[月曜休館 祝日の場合は開館、翌日休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

・鴻池朋子 ハンターギャザラー
秋田県立近代美術館(JR横手駅からバス乗車、「ふるさと村」下車)
開催中~11月25日(日)[会期中無休]
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※10月28日(日)はイベントの為、第4展示室のみ14時30分~15時の間
鑑賞できません。

・河口龍夫 ─ちのこうや─
黒部市美術館(あいの風とやま鉄道黒部駅からタクシーで7分)
開催中~12月16日(日)[月曜休館 10月25日、26日、11月9日、10日休館]
開館時間 午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

・百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来
MIHO MUSEUM(JR石山駅よりMIHO MUSEUM行きバス乗車[滋賀県])
開催中~12月2日(日)[月曜休館]
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

・東山魁夷展
国立新美術館(乃木坂駅下車)
10月24日(水)~12月3日(月)[火曜休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日は午後8時まで(いずれも入場は閉館の30分前まで)

・ムンク展 ─共鳴する魂の叫び
東京都美術館(上野駅下車)
10月27日(土)~2019年1月20日(日)
[月曜休室 但し11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室、
12月25日(火)、12月31日(月)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)は休室]
開室時間 午前9時30分~午後5時30分 
*金曜日、11月1日(木)、3日(土)は午後8時まで
(いずれも入室は閉室の30分前まで)

・扇の国、日本
サントリー美術館(六本木駅下車)
11月28日(水)~2019年1月20日(日)
[火曜休館 但し1月15日は午後6時まで開館、
12月30日(日)~1月1日(火・祝)は休館]
開館時間 午前10時~午後6時 
*金・土曜日および12月23日(日・祝)、1月13日(日)は午後8時まで。
但し12月29日(土)は午後6時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで)
-----------------------
「RYUSEI NEWS」龍生派の花展情報は、
下記の「龍生派」ウェブサイト・花展情報ページをご覧ください。
http://www.ryuseiha.net/event/event.html

# by ryusei-ha | 2018-10-23 12:00 | 月刊いけ花龍生 | Trackback | Comments(0)